宮城大学同窓会について(2017.1.2版)

●概要
宮城大学の全在学経験者同士で結束を図り、母校と連携を取りながら会員相互の連絡先情報管理を行い、交流事業とリンクさせ卒業生・在学経験者・在学生、教職員の間でのコミュニケーションを取りながら、母校を応援・盛り立ててゆく。

●対象
宮城大学全学部(学群)・研究科の卒業生および在学経験者、在学生

●特徴
卒業生だけでなく在学経験者、在学生に門戸を開き、それぞれの属性同士の長所を組み合わせながら、全体の活力と継続性を高めてゆく仕組みとして運営する。
情報システムを活用し、フットワークを軽くコストを低減する。

●基盤
宮城大学同窓会名簿掲載者を会員とし、必要の都度郵送での情報発信を行うほか、別途ネットワーク上の情報配信・交流手段を設け、コスト低減及びスピードを意識してゆく。
2016年度まではSNSでの情報流通を主軸としてきたが、今後は郵送とメルマガの併用に取り組む。

●組織
全体の意思決定・事業執行を行う「運営委員会」
分科会としての食産業学部同窓会「みのり会」
都度発足の「特定目的実行委員会」

●沿革
2006.夏頃    「同窓生パーティー」開催に向け有志を募る   
2007.2.10    「同窓生パーティー」を仙台にて開催し、同窓会設立の賛同を得る   
2007.12.1    設立総会開催、発足   
2009.2.7    同窓会パーティーを仙台にて開催
2011.3〜5    被災学生支援のため「就活セミナー」「東京就活ツアー」実施   
2016.5     宮城大学創立20周年に呼応し、同窓会特別計画の策定
2016.10    「大和キャンパスホームカミングデー」主催
    「太白キャンパスホームカミングデー」協賛
    分科会として、食産業学部同窓会「みのり会」発足
    大学と共同での同窓会名簿作成事業スタート

●同窓会2016年度(2016.11.1〜2017.10.30)事業実施計画
年間    同窓会名簿作成事業推進
2017.8(予)    同窓生パーティー開催(両キャンパス共催)
2017.10    ホームカミングデー(両キャンパスそれぞれ実施)
年度内    同窓会報発刊


●同窓会運営委員会人事
同窓会運営委員会 2016年度(2016.10.1〜2017.9.30) 役員人事
※既婚の方であっても、旧性ベースでの記載です。

役職

氏名

入学年次

卒業時所属

卒業年次

委員長

(会長)

畠山 直樹

1998

事業計画学科

2002

副委員長

佐藤 大介

1998

看護学科

2002

副委員長

澤口 利絵

1999

看護学科

2003

副委員長

「みのり会」会長

嶋田 圭

2005

ファームビジネス学科

2009

会計監査

幸 かおる

1998

事業構想学研究科

学部2002
院2004

委員

大村 哲

1997

事業構想学研究科

学部2001
院2003

委員

石倉 あゆみ

1998

看護学科

2002

委員

岩澤 仁子

1999

事業計画学科

2003

委員

鈴木 美幸

1999

事業構想学研究科

学部2003
院2005

委員

高山 純人

2000

事業計画学科

2004

委員

成田 康宏

2010

事業計画学科

2014

委員

西 良弘

2005

事業計画学科

2009

委員

水戸 裕也

2007

ファームビジネス学科

2011

委員

力丸 萠樹

1997

総合系

2001

委員

渡辺 一馬

1997

総合系

2001